佐世保への旅  

夕方に佐世保から帰ってきました。いつもの旅行よりも早い時間での帰還。
飛行機の窓から夜景以外の東京を見るのは久しぶりです。
のどかな地方もいいけれど、慣れ親しんだコンクリートジャングルの方が落ち着くのは
不思議な気持ち。

では旅を振り返ってみます。今回は写真大目なのでご注意。
19日1010、長崎空港へ降り立つ。
佐世保まではバスで行こうと思いましたが前日になって乗り合いタクシーのが良さそうと思い変更。
ネットで予約可能で時間も早いのでお勧め。バスより100円しか高くならないし。
50分後佐世保へ到着。ホテルで荷物置いたりしてとりあえずセイルタワーこと佐世保資料館を目指します。

丁度正午頃到着。ラウンジでクロワッサンを食べた程度でお腹も減っていたので
近くにある佐世保バーガーの「ヒカリ」で食事。昼時なので凄い人の数。

506.jpg

少し待って受け取り、早速食べます。食レポは苦手なので割愛しますが
「うまい」の一言。ここはバーガー一つでワンコインでおつりがくるリーズナブルな
設定。ちょっと大きめ。一番人気のバーガーを頼みました。

小食な私はそれだけで満足したのですぐにセイルタワーへ行きます。
数十メートル歩くと到着。

507.jpg

その名の通り、セイルに似せて作られたそうですが似てますかね?
海自の施設だけあって入場料はタダ。鉄のくじら館みたいですね。
エレベーターで7階に上がり徐々に降りてくるルートです。

上の階から時代に沿って展示してあるのですがまさか徳川幕府の海軍から始まるとは
思いませんでした。
日清日露、そして太平洋、さらには海自になってからの歴史が展示してあります。
少々辛口な意見を言わせて貰うと海軍・海自全体の展示になっているのでどれも
薄味に感じました。
鹿屋の特攻関連の資料館や鉄のくじら館などはテーマが決まっているだけあって
深いところまで展示があり楽しめましたが、こちらは他でも見られるものが多かった
印象。ちょっと惜しい。
ただ1/100の模型が多数あったのはよかったです。物凄いでかさで迫力有り。
赤城や雲龍、海自艦がありました。サイズは忘れましたが大和竣工時の副砲装備型もありました。

1時間ほど見て終了。平日だったのもあり人が少なかったのは静かでよかったです。
忙しくも次にいきます。タクシー拾って海軍墓地へ、と思ったのですが流している車が
何故かつかまらない。近くに大きな病院があったのでそこのタクシー乗り場へ行けば
早そうです。今回は結局歩いて探しました。

タクシーに乗って10分程度、1100円くらいで公園に到着。もう少しかかると
思いましたが意外と近い。

508.jpg

目の前は小学校という住宅街。しかし一歩入ると静かな場所です。

509.jpg

ここは墓地であり、慰霊の地です。騒がずに礼節をもって参りましょう。
写真を撮るのも迷いましたが記憶と記録に残しておきたいと思い、各慰霊碑に参拝した後
撮らせていただきました。

特にルートは決められていませんが上から周ることにしました。
階段を登るとまず見えてくるのは大東亜戦争戦没者慰霊塔。まずはここからですね。
数が多いのでとりあえず艦これに関係ある慰霊碑のみ触れることにします。

510.jpg

最初ネットで見たとき読めませんでした。戦艦金剛の慰霊碑。
別に金剛だから最初に周ったわけではありません。一番上にあるのです。
右下の白い文字は戦没者。この後も続きますが一つの艦でも本当に多くの方が亡くなられています。

511.jpg

重巡羽黒。

512.jpg

羽黒の窓枠が回収され、慰霊碑に一緒に飾られています。目の前に本物の羽黒(の一部)が
あるのはなんとも不思議な気分になります。

513.jpg

重巡足柄。余談ですが足柄をはじめとしてかなり狭いところがあるので撮影するには
かなりの広角レンズが必要になりました。今回は10mmの超広角レンズを使用したので
全部収まりました。その分周りが歪んだりしてしまってもいますがどっちをとるか・・・。

514.jpg

重巡那智。

515.jpg

重巡妙高。妙高型は全艦揃って近くにありました。

516.jpg

航空母艦瑞鳳。

517.jpg

航空母艦雲龍。渋いです。碑の上には雲龍をかたどったものが。

518.jpg

軽巡矢矧。矢矧の近くには記帳用のノートがあります。今回は一応ペンを
持っていきましたがノートが収められている箱の中には鉛筆があったのでなくても大丈夫かも?

519.jpg

航空母艦加賀。

520.jpg

航空母艦飛龍。ミッドウェー組は以上。蒼龍と赤城はどこにあるんだろ。

521.jpg

第二十四駆逐隊。涼風以外の実装はいつになるか。

522.jpg

第二十七駆逐隊。佐世保といえば時雨。撮影しているときは気がつきませんでしたが
こちらも雲龍同様艦の形のしたものがのっていますね。

523.jpg

重巡鳥海と駆逐艦藤波。超武勲艦らしからぬ慎ましさ。一番奥にありましたし。
藤波も早く実装してくれると嬉しい。

524.jpg

戦艦榛名。こっちは滅茶苦茶でかい。威風堂々です。

525.jpg

戦艦霧島。

526.jpg

駆逐艦若葉。そういやなんで若葉は駆逐隊ごとじゃないんだろ。

527.jpg

駆逐艦秋月。秋月とかもそうでした。

528.jpg

軽巡阿武隈。

529.jpg

第二十二駆逐隊。水無月はまだか。

530.jpg

駆逐艦初霜。

531.jpg

軽巡名取。


他にもラバウルや友鶴の慰霊碑なんかもありました。ここには慰霊碑だけではなく個人の
お墓もあるのでくれぐれも静かに。
ここにおられるのは決して水上スキーで移動したりする艦ではなく実際に戦地へ行き、
そして沈められた(一部違うけど)軍艦ですので何よりも礼節を。
今回周っている中では一組しかすれ違いませんでした。喪服のおばあちゃんでしたので
関係者でしょうね。

一つ一つ丁寧に周っていたら結構な時間がかかってしまいました。
それでも15時過ぎ。目的は全て果たしたので日帰りでもよかったのですがフライトの
時間が合わないのでこの日は泊まり。暇になったので歩いて佐世保駅まで帰ります。

目の前は海なのに後ろはすぐ山。上り下りで住むには大変そうです。日本は狭い、なんて
言いますが空から見る関東平野はなんと広いことか。平野に慣れるとつらいですね。

迷いそうになるので海へ出てから駅を目指します。途中護衛艦も遠目に見えますし。
二日間で見れた護衛艦は以下の通り。
じんつう・あきづき型・あけぼの・あすか・あたご型・こんごう型・あさゆき?・
しまかぜ。イージスが2隻やあきづき型まで配備されていて西の守りは万全のようです。

この日はだいぶ歩いて疲れたので名物レモンステーキを食してさっさとホテルへ。
翌日遅くても大丈夫なので9時間たっぷり寝ました。

翌日は最後の楽しみ佐世保バーガー2店目。10時開店と同時にいけるのはLOGKITだけ
だったので佐世保駅の店舗へ。スペシャルバーガーを頼んでみました。
バーガーだけで880円と結構しますが驚くはその重量。半端なくでかい。
マクドナルドのバーガーと比べて4倍以上はありそうな気がしました。

佐世保港を眺め、潮風にあたりながら食べるのは最高に気持ちがいい。今日は
土曜ということもあり上陸してきた佐世保教育隊の若々しいセーラー服を見て
懐かしんでもいました。

そして完食。朝抜いたにも関わらず一つで腹いっぱい。でも味はいいし、それだけ
食べても飽きが来ませんでした。ヒカリもよかったしLOGKITも美味かったのでまた
行きたいですね。他の店舗も食べてみたいし。佐世保バーガーキングがはまるのも
頷けるというもの。

夕方には家にいるんだからやっぱり日本は狭いのかもしれません。気持ちの切り替えが
追いつかない。
今回死ぬまでに行っておきたかった佐世保の海軍墓地へいけて大満足。
慰霊碑を周るとやはり色々と考えてしまいますね。他の場所も行ってみたいけれど・・・。

あと残っているのは舞鶴と大湊でしょうか。どちらも交通の便が最悪です。
舞鶴くらいならいけるかな?でも呉にもまた。大和ミュージアムの「大和とアリゾナ」も見たいし。
時間さえ取れればすぐにでも色々行きたいところです。

それにしても艦これ始めて地方へ出張るのは何度目だろう。模型業界も賑わしている
ことだし艦これが与えた経済効果、なんてものも出してみたら面白そうですね。
結構同じように各地を周っている人も多いようですし。


にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ


関連記事

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 聖地巡礼

thread: 艦隊これくしょん~艦これ~ - janre: オンラインゲーム

tag: 佐世保   
tb: 0   cm: 3

コメント

本物の佐世保バーガー美味しそうですね! というのもギコ鎮守府の近くに出張(?)店のようなものがあるのです…。 いつか現地で食べてみたいものです。

慰霊碑の写真は心に来るものがありますね…どうしても艦娘のイメージが強いので色々と想像してしまいます。 また艦娘のように当然一人で動けるわけではない、という事実も考えるとやはり涙してしまいます…。

途中護衛艦が見えたというのも何だか嬉しいですね。 平仮名表記にはなりましたが、沈んでいった艦たちが護ってきたものを今も護っている、と考えると本当に頼もしく思います。

もし艦これというものが無かったなら、多くの艦これ提督がこうした歴史を知ることは無かった、と思うと…改めて艦これは凄いものだと感じますね。 写真付きレポートじっくり堪能させて頂きました…佐世保遠征お疲れさまでした!

ギコ #- | URL
2015/06/21 01:23 | edit

トラック鯖所属の鶴さんが佐世保に。すごいタイムリーな
まさか移動先の下見に・・・?

ROY #MEjMD8NU | URL
2015/06/21 12:21 | edit

Re: タイトルなし

言われてみれば確かにそうですね。
鎮守府司令長官に呼び出されてヘッドハンティングを受けていた、という妄想が捗ります。
でもやっぱり古巣は中々捨てられないものですね。

鶴 #- | URL
2015/06/21 13:07 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://stockfleet.jp/tb.php/513-4f67f1ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 


ブログパーツ