考え方の違いはあれど  

久々にテレビ見ました。安保法案の記者会見。
総理の会見中にキャスターのコメントだのCMだのと相変わらずクソな民放。速攻変えましたが。
艦これはイベント中もあり暇なので今日はそんな話題。政治の話は危険だけど。

しかしこの国はどうしてこう国防について無関心なのか。安保法案自体を知らない人間が多すぎる。
にも関わらずなんとなくのイメージでとりあえず反対、というスタンス。
反対なのは構わないけれどせめて内容を理解してから「論理的に」反論して欲しいところ。
その論理的というのが中々難しく納得できる内容は未だに見たことないけど。

ちなみに私は(法案の細部は置いておいて)方向性としては賛成派。
専守防衛はいいけれど撃たれるまで撃ってはならない、というのが現代戦においては致命的。
仮に日本を攻める事態が起こったとすれば初撃で自衛隊の何割かに致命打を与える方法を
模索するのが常套。それを防ぐのに集団的自衛権は有効であると考えている。

自衛官時代はその先制される、というのが何より嫌だった。それが確実に先制できる、とは限らないと
相手に思わせられるだけでも一歩前進したのではないか。歯止めが利かなくなるという意見もあるけれど
そういう経験をしてきた国だからこそ過去に学べるのではないのか。

戦争をしてはならない。こういう言葉、確かにその通りだと思う。一方でこういう書き方はどうかと思うけど
戦争は本当にしてはならないのか、とも思う。現実的な侵略が目の前にあったとき、それに対して
ただ見ているだけ、盗られるだけでいいなら確かに戦争ではないのだろうがそれでいいのか。
それは嫌だと思う。戦争をしてはならない、というのは外交的にそれを選択すべきではないというところか。
そういった意味では戦争になった時点で自衛隊の抑止力としての役割は敗北したといえる。
戦争の出来る国にしてはならない、というのは意味が分からない。自衛戦争すら出来ない国のどこに
抑止力があるというのか。あ、中国日本省になるからいいのか。

久々に真面目に頭を使いました。もちろんこういうゲームで遊んでいられる平和が一番。
かつては水と平和はタダ、なんて言葉もありましたがそれも実は薄氷の上に成り立っていたもの。
ソ連、中国、朝鮮と極東は決して安定的な地域ではなく、無条件に平和ではないということを
国民はもう少し目を向けるべきだと思いました。国防に携わる方々、お疲れ様です。
しかし昨今の政治・世界情勢はそういう目を持ついい機会なのかもしれませんね。


今日は一切艦これの話題がなかった、これはアカン・・・。明日からは通常更新に戻る予定です。


にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ


関連記事

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 雑記

thread: 艦隊これくしょん~艦これ~ - janre: オンラインゲーム

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://stockfleet.jp/tb.php/476-6c54edc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 


ブログパーツ