1/350 矢矧 船体塗装完了  

建造開始からすでに一月近く経ったような気がします。
ようやく船体への塗装が完了しました。

306.jpg

前回マスキングの画像を上げてから船体色→艦底色→手すりの取り付け→塗り残しと瞬間接着剤の
目立つところをさらに船体色で塗装、までしたところです。
手すりについては一部が構造物に沿って付けなくてはならないので後回しになっています。
そして全マスキングを取った状態がこちら。封印を解き放ちます。
このときが一番ドキドキするかも。

307.jpg

いつも艦底色と船体色の境目で塗料が入り込んでしまうのですが、今回は全くなし。
自分で言うのもなんですが練度が上がってきたことを実感します。
艦橋構造物もなにもありませんが、手すりを付けただけで精密感が上がったような気がするのは
気のせいでしょうか?


308.jpg

苦労したのは後部甲板の密集地帯。何気に根元が空いているものが多いのでマスキングに
苦労しました。しかしこちらでもマスキング不足や塗装不足も無く綺麗に仕上がりました。


309.jpg

軽巡といえど4軸スクリュー。6000トンクラスなら2軸だと思っていましたが現代と違うのですね。
フルハルモデルはスクリューがついて船らしくていいのですが、台座が無いとこすってしまうのが
難点。ゴールドで塗装するのではげると事ですし。
今回思ったのは金属塗装すると粒子の掃除が大変厄介なのでもう一本ハンドピースがあっても
いいかもしれないと。安いのでいいので今後の検討材料になりました。
ちなみに台座はつや有りブラックで塗装後にゴールドを吹き付けました。非常に滑らかで
落ち着いたいい金色になったと思います。前回大和の台座は筆塗りでやったのでムラが激しく
ちょっと汚い感じになってしまいました。今回は満足。あとははげないように丁寧に作っていくのみです。

しかし時間がかかりますね。あの量のマスキングをはがすだけでも慎重にやると一時間もかかりました。
塗装の大部分は終わったので後はパーツごとということを考えると多少気は楽になりますが・・・。
とりあえず今後は艦橋と主砲、缶を平行建造していく予定です。
また区切りのいいところでアップしていくのでよろしくです。


にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ


関連記事

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 矢矧

thread: 艦隊これくしょん~艦これ~ - janre: オンラインゲーム

tag: 模型  矢矧 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://stockfleet.jp/tb.php/292-8308d90b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 


ブログパーツ