古女房  

大淀「…以上が本日の報告です。問題なければこちらに署名を」
鶴「…うん。問題なし」
大淀「ありがとうございます」
鶴「…………」
大淀「提督?」
鶴「お前との付き合いも長いな。ある意味初期艦のような存在だ」
大淀「そうですね。いきなりどうしましたか?」
鶴「君にはこの艦隊の最後まで…解隊式まで付き合ってもらいたいものだ」
大淀「それは…いつか叶えたいものですね」
鶴「そんな君だからこそ、もう少し早くすべきだったかもしれん。特別何か用意しているわけでは無いが…」

鶴「おめでとう」

1524.jpg


うちの艦隊の顔、大淀さんがついにというかようやくと言うか…5人目の155に到達しました。鹿島とは真逆の彼女。演習に出ることもなく、ただひたすらに5-4随伴を勤め上げここまで来ました。空母勢の中でMVPもぎ取ったり侮れない力を見せたのが印象的。


1525.jpg

一つしか無い紫雲は彼女専用のもの。ドラム缶積めるのが5-4では助かりました。軽巡なのに強いし。


1526.jpg

ここまでくれば苦手な対潜でも先制爆雷は可能。装備換装によって対艦・対空・対地・対潜任務をこなすことが出来て大きな格納庫によって水上機の運用も可能。現代のDDのような汎用性がありますね。
夏イベではまたロケラン担いで集積地でも火の海にしてもらいたいものです。

次に155に近いのは葛城か。でも一旦休憩にして大鳳辺りでも。Warspite様もいいんだけどちょっと遠そう(現在145)。いつかは上げたいけど。


鶴「今までありがとう。そしてこれからも、最後までよろしく頼む」
大淀「はい、提督」


にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ


関連記事

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 雑記

thread: 艦隊これくしょん~艦これ~ - janre: オンラインゲーム

tag: 大淀 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://stockfleet.jp/tb.php/1175-d7a8c0e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

 


ブログパーツ