月末戦争  

おにぎり腐ってないかな



戦闘糧食も更新が入るんですね。母港で食べられるのが一番だけど任意発動くらいかな。予想もしない食糧支援艦隊とか来たら大笑いする。砲弾のように雨あられと飛んでくるおにぎり。彼女たちが去ったあとには全艦キラ付けされた艦隊が…とかなら使いたいです。

激戦

鳥海「後方からの追撃凄まじく、このままでは防衛線を突破されます!」

鶴「あと少し持ちこたえろ」

大淀「提督、私も出ます。振り切ることは出来ないでしょうが踏ん張ってみせます」

鶴「…気をつけて行ってくるんだ。お前に託そう」

大淀「お任せください」

――数時間後

鳥海「……きて…く…さい。提…、起き…ください」

鶴「む…寝てしまっていたか。戦況は?」

鳥海「奮戦虚しく…防衛線を抜かれました…」

鶴「そうか…。大淀でもダメだったか」


鶴「だがこんな事もあろうかと、すでに三水戦を待機させてある。川内!」

川内「ヤー」

鶴「もう朝だが行ってくれるな? 再び戦線を押し下げてきてくれ」

戦果とEO

3月作戦お疲れ様でした。
2月の追い込みからもう1ヶ月。早すぎる時の流れ。事あるごとに感じていますね。

昨日15時の時点でおよそ480位くらいでした。昨日で大淀艦隊は5-4を20周しました。のどかなトラック鯖はこれでいけるだろう、と思っていたら朝起きたら510位以降になっていてビビりました。20周して維持すら出来ないとは。皆結構EO砲を残しているんですねぇ。

EOをどこで消化するか。100位や500位のギリギリのラインで戦う人にとっては駆け引きとなります。私は基本的にEOは月初に済ませて逃げ切りを目指す方なので月末になるにつれて焦りが出てきます。

最終日になってハマってEOをクリアできなくなると厄介なのでなるべく早めに消化することにしています。
しかし今月はふと思い立ち、残しておきました。朝でテンションの下がった川内が早く寝るために一発で決めました。

あまりに順位が落ちたのでビビって朝に終わらせてしまいましたが、15時には430位ちょっとまで回復したので安心。トラックだと最終日15時で470位だと不安、480位だと相当頑張って、490位で絶望的という感じがします。他の鯖でも似たようなものかな。

今回使ったEO砲は1-6のみ。75の戦果で430位まで来られるなら来月もありかな。ボス倒す必要無いのも安心ですし。
とりあえず今も裏で5-4周回中。流石に70人以上にまくられることはないとは思いますが…。

そういえば初のランカーは去年の3月作戦だったか。あの時はパスタ砲を貰うという何ともな褒賞でしたが、今年は何でしょう。イベント絡みならアイオワ砲は欲しいけど…。
イベントは来月かな? イベント月の作戦は参加するか迷いますねぇ。


にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 雑記

thread: 艦隊これくしょん~艦これ~ - janre: オンラインゲーム

tb: 0   cm: 2

抜群の存在感  

昨日サントラが届きました。二次予約だったのに発売日に届くとはアニメイト優秀ね。
流石に加賀岬は届かなかったですが。予約時に4月中旬予定だった気がするけど何時だろ。

艦これサントラを聴きながらやる艦これは至福の時。
早速開けてみると出迎えてくれるは霧島ネキの凛々しいお姿。

941.jpg

カッコいいし可愛いし霧島の描き下ろしの中でも特に好きな一枚。このカッコよさを見るとやっぱり戦艦なんだなと実感します。よく考えると女の子見て戦艦なんだな、という感想は果てしなくおかしいはずなんですけどね。

ともあれ早速PCに取り込んで再生。音楽聴くときはランダム再生が基本の私。何が再生されるかドキドキしながら視聴開始。

「吹雪、出撃す!」「連合艦隊、西へ」「出撃!第八艦隊」、この辺りは好きな曲。何度でも聴きたいです。
「新編「海上護衛隊」抜描!」待っていた曲。パイレーツオブカリビアン的でいい。

そして「敵地侵入」「アイアンボトムサウンド」でイベントを思い出し、「モドレナイノ」「激突!夜間砲撃戦!」でボス戦へ! 特に15夏イベ関連の曲は苦労したこともあって何回も聴いたので思い出深いですね。キタンダァを思い出す。また防空ちゃんに会いたいようなもう会いたくないような…。

反面、母港BGM系はほとんど聴かなかったので正直初めて聴くくらいの感触。でも聴いてみるとやっぱりいいものです。

そんな風にして1時間ほど堪能。次で一周するか、ランダム再生最後に残ったのは何だろ、と思っていたら唐突に
デデン!
加賀岬かよ! しかも歌うのかよ!とオチまでつけてくれました。一瞬で持っていくなんという存在感!

艦これBGMは車のHDDにも入れているんです。歌詞が無い曲ならオタクじゃない人を乗せて流してもそんなに違和感ないし。同人ですがJAZZアレンジなんかはかなり好評だったりします。
しかし加賀岬はどうしたものか…。この曲だけハブるのは可哀想だし。何より自分が聴きたかったり。まぁそんなに人を乗せることもないからいいか…。

しかし艦これもだいぶ曲数増えましたね。サントラ三枚分、一周させるだけでもかなりの時間を要します。またドライブが捗るなぁ!
今回のサントラではどの曲が人気なんでしょうね。やっぱりボス戦が鉄板なのかな。


にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 雑記

thread: 艦隊これくしょん~艦これ~ - janre: オンラインゲーム

tag: 霧島 
tb: 0   cm: 3

新人教育の季節  

日に日に暖かくなる気候。桜の季節。
人も動物も活発になってくる過ごしやすい陽気になってきました。この時期、どのようにお過ごしでしょうか。

私はこの時期特有の春の匂いや空気感を感じるといつも思い出すことがあります。
もうかなり前ではありますが、3月末には横須賀の教育隊にいました。新卒の入社といえば4月からが基本ですが、海自では4月の入隊式に備えて基本的なことを覚えるために3月末にはすでに教育隊入りしています。

あの時は26日(だったかな?)に基地に入ってから数週間は外に出ることも出来ず、濃密な時を過ごしました。GWに家に帰れた時の開放感は人生で一番翼が生えたように思えます。休みなんて一瞬でしたけど。

何年経っても忘れられない教育隊。この時期はよく思い出します。ちなみに今でも再び入隊して後悔する、という悪夢をたまに見たりします…。この話、前にも書いたかな。

まぁそれは置いておいて新人教育の季節。うちの会社にも新人が入り、教育をしなくてはなりません。そして艦隊でも…。冬イベ艦、育っていますか?

939.jpg

結構前に終わって忘れていました。
沖波はまだ低いですが、今順次5-4に向かわせているのでそのうち上がるでしょう。Zaraは一応水準の90まで。他の重巡と共にこれからもちょいちょい上げて99を目指します。

初月は気に入ったので95まで。照月とほぼ並びました。秋月型も3人いれば札が来ても安心ですね。ルート固定はしらんけど。
クールな僕っ娘と思いきや補給時の「ありがとう」の可愛いこと。秋月型特有の貧乏キャラと相まって「よ~しよし、もっと食え」と言いたくなります。
あと気に入っているのが母港での「なんだ、寂しいのか? 大人だろ?」の「大人だろ?」の言い方。呆れつつも受け止めてくれそうでもっと甘えたい! あ、誰かが睨んでいる気がするのでこの辺で。

ちなみに秋月型の制服はこの部分が好きです。

940.png

このコルセット状の部分。キュッとしまっていて美しいライン。撫でたくなるいいお腹。でも海上で戦闘機動して苦しくないんでしょうか。
秋月と初月、甲乙付けがたい。照月は正面から見たいなぁ。

ところで洋上補給にテコ入れが入る予定ですよね。おにぎりにもテコ入れ入らないかな。母港で伊良湖的に食べられればいいんですが。そうなったら間違いなく秋月型には最初に食べさせてあげたい。
春はまた秋月型来ないかなぁ。涼月か冬月の坊ノ岬沖組、待ってます。


にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ


このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 雑記

thread: 艦隊これくしょん~艦これ~ - janre: オンラインゲーム

tag: 初月  Zara  沖波 
tb: 0   cm: 0

茨の道  

最近多いですが、改修工廠ネタ。

今現在最も茨の道である改修品目は何でしょうか。
改修用装備とネジの重さを考えると32号電探改が一番なのかなと思います。32号の開発にボーキをいくら投入すればいいのかも気になります。

次点は22号改四辺り? 一応初期装備で鳥海改二が持ってきてくれるのは有り難いものの、牧場で設計図が必要。22号からの更新も含めればまだましか。

手間を考えると一式徹甲弾や四式ソナーも中々ですが、開発費用が安いのでネジと根気があれば作れるライン。


色々と手間のかかる改修工廠ですが、我が艦隊にも茨の道の一本が出来上がりました。

927.jpg

試製51cm連装砲+max!

アホみたいにネジ食いやがって…。46cm砲の供給も追いつかないのが厄介です。それでも餌が開発出来るだけマシなんでしょうね。怖いから確実化するとネジ10個、1回700円という高価な品。その価値があるかというのは聞いてはいけません。

ただこれで憂いなく使える長門型と大和型の決戦兵器。主に長門型か。どこまで有効に使えるかはわからないもののイベントでは猛威を振るって頂きましょう。しっかり食った分しっかり働きな!

問題はもう一基あるということなんですよね…。そちらはまだ+1。まだまだ46cm砲の開発は終わらないようです。


にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ


このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 雑記

thread: 艦隊これくしょん~艦これ~ - janre: オンラインゲーム

tag: 改修工廠 
tb: 0   cm: 2

6-4攻略戦  

そんなものはなかった

この話はやめよう

6-4?
そんなもの裸足で逃げ出しましたよ? まぁ最高難度と称されるだけはありました。やっぱり厳しいですね。

938.jpg

2戦目でいいところまで行けたし、それからもボス到達率高かったからいいかと思いきや撤退続き。時間も食われたので5-4に戻るために撤退を下命しました。

裸足で逃げ出した、とは言ったものの感触としては不可能ではない感じ。夜戦まで対地火力が残ることも結構あったので後は運があれば。T字不利や反航戦も多かったですし。
痛かったのはWG42・八九式・カミ車搭載の霞がほぼCマスで中破。ボス夜戦まで残れたことが1回あるかないか。何で彼女ばかり狙うのか…。大淀と霞、どちらも生きている場面があれば面白かったかも。

残念なのは精鋭を投入できないことですね。大淀はいいとしてもイタリア戦艦や利根・Верный辺りはうちではサブクラスですし。霞もそのうちケッコンを考えて入るもののまだ92だし。最上型改二がいれば鈴谷か三隈を投入したいところなのですが…。

結論としては回数を重ねれば削ることは出来るはず、でもそれをするのと資源と時間を天秤にかけるとここらが潮時。撤退には早すぎる判断かもしれませんが3月作戦も山場ですしね。ちょうど手持ちの瑞雲の熟練度も剥げてしまったことですし。
やはり今後楽になってから行くことにします。でも大破祭りだったのに何故か楽しかったです。流石に撤退は嫌ですけどね。たまに行くくらいはいいかも。

こういうときはカレーよ

先日「空母スキーの艦これ雑記」のさみーさんに飯テロを食らって無性にカレーが食いたくなったので今日はカレーです。

本日用意したルーはジャワカレーのスパイシーブレンド。いつも高いのに何故か辛口よりも安く売っていたので初挑戦。味見したところ辛口よりも更に辛くて好みの味ですね。これは夕飯が楽しみです。
今年に入って4回めのカレー。でも1回で作る量はルー一箱分で、それを一人で全部食べるのでかなりの量を食べた計算。海軍・海自の人間はカレーが好きじゃなくちゃやっていられない。



鶴「今日はお疲れ様だった。削れはしなかったが旗艦としてよくやってくれた」

大淀「結果を出せなくて申し訳ありません」

鶴「楽しみが残ったと思えばいい。カレーを食べてまた明日から頑張ってくれ」

大淀「大淀カレーに負けず劣らず…。市販のルーも美味しいですね。ありがとうございます」

鶴(本当は大淀のカレーが食いたい、とは今日は言えんなぁ)


にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ


このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 雑記

thread: 艦隊これくしょん~艦これ~ - janre: オンラインゲーム

tag: 6-4  大淀   
tb: 0   cm: 6

艦これ昔話  

鬼ヶ島揚陸作戦

清霜「しれーかーん、清霜まだ戦艦になれない?」

鶴「艦種の壁を超えるのはそう簡単にはなぁ。大鯨や千歳達みたいに前例がないわけじゃない。だがお前の場合は彼女たちとは少し違う」

清霜「違う? 何が?」

鶴「彼女たちを空母にするのはそこまで無茶なことではない。船体の大きさ、という点ではな。だが駆逐艦の清霜を戦艦にするとなると話は違う」

清霜「私、頑張るよ!?」

鶴「そういう問題じゃないんだよなぁ。武蔵の主砲一基分程度しか排水量を持たないのに…。だが、そうだな。手がないわけじゃない」

清霜「本当!?」

鶴「無茶をやるわけだから当然簡単ではない。それには伝説の宝具が必要なんだ」

清霜「伝説の…宝具?」

鶴「桃太郎、という昔話を知っているな? 悪い鬼が棲む島へ陸空軍力を結集して揚陸作戦を敢行した話だ」

清霜(そんな鉄と火薬の匂いのするお話だったっけ…)

鶴「あの話には軍機に触れるので省略された部分がある。大戦力の鬼ヶ島へ行くのに小舟に乗って刀一本と言うのはあまりに非現実的だ。そこで退役軍人だった爺さんが用意したのがこの特殊な車だ」

937.jpg


清霜「すごい! カッコいい!」

鶴「この車はとある高名な神様の加護を受けていると言われている。この車、いや船か? まぁどちらにしてもこれに乗って桃太郎の部隊は鬼ヶ島への揚陸を果たしたわけだ。後にこの車はその力を讃えられ『カミ車』と呼ばれるようになった」

清霜「でも何でそんな宝具を司令官が?」

鶴「そりゃもちろん清霜のために方方に手を尽くしたのさ」

清霜「やったぁ! ありがとー!」

鶴「だが残念なことに清霜はこれを扱えないようだな」

清霜「そんなー」

鶴「霞とか皐月とか改二になった娘は扱えるようになる場合もある。清霜も精進すればいつか叶うよ」

清霜「うん! もっと頑張るね!」


大淀「さっきから何ホラを教えているんです! そういうのは教育によくないんですよ!」

鶴「ヤバイ、ママがお怒りだ!」

清霜「なんだかよくわからないけど、パパ早く乗って!」

鶴「よしきた! 機関始動!」

大淀「あっ…もう! 最近逃げ足だけは早くなるんだから…」



大淀「…………」

大淀「ママに…パパ…? ……ふ、ふふふ…」

明石「おおよど~、この前入荷したネジだけどさ~…ってどしたの? 気持ち悪いくらいご機嫌じゃん?」

大淀「何でもありません♪」



D-DAYは近い

最近正妻が誰なのか自信がなくなってきました。大淀はもう勝手に話してくれるので使いやすすぎる。なのに金剛は数えるほどしか登場させていない…。まずいですね。どこからか「Nooooooo」の声が聞こえてきそうです。金剛・大淀・翔鶴の三つ巴になってきたくさい…。
「ママ」「パパ」のセリフを言わせたいがためにとんでもない話になりましたが個人的には満足です(笑)

それはともかく、とりあえず揚陸作戦をやれるだけの装備は揃った感じ。ちょっと大発の数が足りないけど偵察くらいはいけるかな。ネジは大量に消費してしまいましたが。
かつて無い難易度みたいですし最精鋭たちを投入してどこまでやれるか。砲台子鬼が待つ鬼ヶ島へ、もう間もなくD-DAY発動です。あ、清霜はお留守番ね。

時期的に見るとGWに春イベとすればそろそろリミット。ここで消費して回復すれば多少余裕残して春イベに臨めます。控える春イベは総力戦ですし6-4は熱くなりすぎずダメそうならすぐに撤退、これでいきましょう。

YouはShock!

ブログ開設二周年も過ぎ、前々からやろうか迷っていたことを実行しました。
見てくださる方には特には関係ないですが、独自ドメインを取得しました。これからはhttp://stockfleet.jp/として心機一転頑張ってまいります。厄介なことにアクセスカウンターさんまで心機一転の気分だったようでゼロからのスタート…。20万目前だったためにちょっとショックです。せっかくだから大淀カウンターにしたかったけど存在しなかったのは残念。

独自ドメインを取得したからといって何が変わるかというところではありますが、気持ちの問題です。長く続けられそうなら、と思っていたのでいい機会かと。これでまた一歩引けなくなりましたし。

旧アドレスからもリダイレクトされるはずなのでブックマークなどは特に問題は無いでしょうが、気になった方はお手数ですがアドレスを変更してください。また、なにか気がついたことがあればお知らせください。
スマホからの閲覧は広告が出なくなったはずなので若干見やすくなったかも? PC版も久々に高速表示に変更しました。


にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ


このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 雑記

thread: 艦隊これくしょん~艦これ~ - janre: オンラインゲーム

tag: 清霜  大淀 
tb: 0   cm: 2

当たらなければどうということはない  



先日のイベントで発表されていたとはいえ、公式ツイートでも大潮改二が明確に。
それにしても私の予想は本当によく外れる。朝潮型とだけ情報が開示された時は大潮は3位にも入らない予想でした。そういえば白露型の方も最初の情報では五月雨と予想したような。
これはもう最初に予想したもの以外が当たる、という風に考えたほうがいいみたいですね(そういう時に限って普通に当たる)

来週には大潮改二。今まで朝潮型改二は誰もいなかったのに霞・大潮と続き、更にもう1隻。朝潮型の時代か?
改二がいなかったということもあり、朝潮型はあまり育ててきませんでした。エピソード的に少し育てていた霞と満潮が去年の次点で75で待機していたくらいか。
基本的に余裕が有るとき改二は実装その日に改装したい派なので今回も大潮は育てました。

936.jpg

駆逐艦は5-4旗艦にぶち込んでおけばとりあえず育つから楽よね。
80まで上げておけばとりあえずは間に合いそう? コンバートを匂わせるようになったら90まで上げる予定です。折角なので他の朝潮型も育成中。荒潮が75まで来たし、霰も70近く。後は朝雲・山雲を上げれば当面は大丈夫そうです。

ところでこの大潮。数多い駆逐艦の中でも特に育成が遅れていた艦でした。ちょっと目が苦手なのよね。最近は香取先生に練習公開に連れて行ってもらって35くらいまではきていました。
そんなわけで改にしてからは勝手にやってもらっていたわけですが、改めて育成してみると結構可愛い。テンション高くて前向きなのは魅力ですね。
グラフィックも描きおろしの大潮は良かったので、これは改二に期待したいところです。

改二の方向性はどういう風でしょう?
純粋強化型だと夕立綾波クラスに届きそうなのはもう数少ないので、やはり特殊能力持ちか。今だと大発搭載可能とかですが、それも量産されていくと没個性になる危険性も。霞みたいに大型電探や司令部施設が積めるとまた違うのでしょうが。
面白みのある改二になるといいなぁ。
初春? 潮? 細かいことを思い出してはいけない。彼女たちもきっとВерныйみたいにあとから何かあるでしょう…。


にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ



このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 雑記

thread: 艦隊これくしょん~艦これ~ - janre: オンラインゲーム

tag: 大潮 
tb: 0   cm: 0

価値の天秤  

大淀「軍における勲章というものは輝かしい功績や勇敢な精神を讃えて送られるものです」

鶴「そうだな」

大淀「米軍の名誉勲章やパープルハート章、ドイツの十字章なんかが有名ですね」

鶴「映画でもよく見るね」

大淀「自衛隊では勲章とは違うものの防衛記念章というものが制定されています。役職や任務、在任期間などで送られるもので、やはりたくさん着けている人ほど長く色々な経験を積んだことがわかります」

鶴「こういうやつだな」

935.jpg

鶴「種類多くて覚えるのが大変だ。似たようなデザインだし。『赤いきつね』『緑のたぬき』、なんて面白い俗称がついているのもあるから知っていると楽しめるな」

大淀「どれも多くの任務をこなしてきたからこそ贈られたもの。我が艦隊にも多数存在します」

鶴「甲種勲章は額に入れて飾ってある。今見ても激戦を思い出す」

大淀「その有り難い勲章を設計図と交換するシステム自体どうかと思いますが、今回はそれは置いておきます」

鶴「うん」

大淀「最近設計図は増えていないのに勲章が減っていますが?」

鶴「…君のような勘のい
大淀「そういうのはいいですから」

鶴「し、質に…流しました…」

926.jpg

大淀「艦隊の功績を証明する勲章を、ネジにした、と。週に一回は何かやらかさないと気がすまないんですか?」

鶴「足りなかったんですぅ。八九式や二式水戦やカミ車作ったり、零観に試製砲が二種も改修待ちになっていまして!」

大淀「まぁ今回は必要な物にしたわけですから、仕方ないですね…。勲章もだいぶ山積みされてましたし。いくつ変えました?」

鶴「お、今日は優しい。数は19個ほど。これでネジ80個弱は結構おいしい」

大淀「勲章を質に流してネジを買いました。それだけ聞くと頭おかしく思えますけどね」

鶴「でもやっぱり勲章を変えるのは抵抗があった。次はまたホムセンに走ってもらうか」

大淀「ネジ課金は泥沼だからやめなさいって!」


零観にしろ試製35.6cm・41cm砲にしろ3~4個以上食われるのが痛い。どんどんネジが溶けていきます。買った50個のネジはあっという間に消え去り、ついに勲章まで手を出しました。
それでもまだまだ足りない。一気に改修が来すぎて困りますね。更に開発資材も大赤字。増やすのに時間かかるだけに目立ちます。

でもここでの犠牲がイベントでの結果に繋がると信じ、今日もまた明石さんの元へ足繁く通うことに。もう改修工廠でネジ売ったら速いんじゃないかな! 100個買ったら割引!みたいなセールをやったら結構な提督が釣れるんじゃないかな? 200個ください!


にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ


このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 雑記

thread: 艦隊これくしょん~艦これ~ - janre: オンラインゲーム

tag: 改修工廠  大淀 
tb: 0   cm: 2

単語一つで右往左往  



本日はネタ記事にでもしようかと思いましたが、臨時ニュースが入ってきましたので番組の内容を一部変更してお送りしております。

春イベは総力戦らしいですね。覚悟しておけよ!ってことなのかもしれませんが、冬イベも開始前のツイートと比べてもそこまでじゃなかったので若干疑問視しています。まぁ冬イベも敵編成だけ見れば相当なものでしたけど。
また層の厚い艦隊戦力、というのがあるので今回は札つきですね。時期はやはりGW前辺りが濃厚かな。

総力戦――
英語ならtotal war、一般的には国力のすべてを投入する戦争でしょうか。
艦これは鎮守府レベルでの戦いなので経済とかは触れられないので純粋に戦力のすべてを投入する、というところかな。今までの戦いだとそれに近いのがAL/MI作戦か。

札が導入され混乱の中始まり、その札も枚数がきつい上に支援も札制限があり、尚且つ最深部は更に違う札という鬼畜仕様。難易度では15夏も大概ですが、全戦力を投入したギリギリの戦いはあの作戦のみでした。戦力が育っていない中、今でもよく勝てたと思います。

それに近い戦いが待っているのか? ただ春なので夏に比べて規模は小さくなりがち。とは言え仮にE5までとしても全部違う札ならきついことに変わりはありません。冬で温存した分、春に爆発するのか?

しかし昨今の動きを見ていると戦力の総力ではなく、陸海空の総力を結集する戦いなのか、ともとれます。海は言わずもがな、陸は陸戦隊中心の殴りこみ、空は新たに基地航空隊を実装。目標は集積地棲姫のような後方部隊。
かつてアメリカが使っていたドクトリン、エアランド・バトルを海からも支援する形で実現させようとしているのでは。

ただこちらにしても完全に初心者お断り。三式弾は何とかなりますが、大発以降がきつい。カミ車なんて簡単に用意できるものではないしWG42は我々ベテランすら数を揃えるのがきつい。基地航空隊も一筋縄では行かないでしょうし。
札の方はまぁ丙作戦なら無視できるからありかな。

個人的には最近輸送やら対地攻撃が多かったので、艦隊決戦をやりたいですね。札満載で出せる艦が枯渇するレベルの。もちろん鬼畜仕様は甲種限定で、ほかは今までくらいの難易度で。

明言されたアイオワ。初のアメリ艦、そして大好き金髪ネーチャン。アイオワが来るとなると作戦は何でしょうね。まぁ海外艦だとあまり作戦内容は関係なく報酬やドロップにされるので予想もしづらいですけれど。一部ではハワイとの噂もありますが…。つい先日の記事でオアフ島要塞に震えていただけに気になります。

鶴「ともあれ春イベも甲種勲章を頂き土産にアイオワ。楽しみでたまらんな」
大淀「お慢心ですぞ」


にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ


このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 雑記

thread: 艦隊これくしょん~艦これ~ - janre: オンラインゲーム

tag: 春イベント 
tb: 0   cm: 0

流れを読む  

八九式中戦車&陸戦隊やカミ車などの新装備が実装されて数日。なるほど、確かに状況によってはいいダメージが入りそうです。道中が辛いことは確かですが、そこを抜ければ希望がある、それだけでも以前より違いますね。

イメージ。
それはとても大切なもの。スポーツの世界でもイメージトレーニングやいいイメージを頭に描きながら本番に臨むことを良しとしています。
ここで言うイメージは戦いの流れを感じること。どういう編成と装備で予想される敵とどう戦うか…いや、どう勝ちきるかを出撃する前に頭に描けるのかが勝負の分かれ目の気がします。それを達成するには何が必要か。

戦術的には編成と装備、戦略的には資源などの継戦能力までを頭に入れて考える。そしていけると判断した時、難海域への出撃を許可するモノ。きついと分かっているところへ闇雲に出るのは得策ではないと考えます。

6-4。立ち止まっていた海域への扉も開かれつつあります。新しく配備された装備。これも鍵になるのかどうか。

934.jpg

瑞雲では高確率で熟練度が剥がされるらしいですしこれに期待したいところ。瑞雲には負けるものの制空戦で頑張って欲しいですね。これをイタリア戦艦に載せて利根でも連れて行けば弾着観測は防げます。

WG42が3個、大発が1、八九式中戦車が2に三式弾。高練度の大淀。後はカミ車へと更新すれば対等以上に戦えるイメージが出来そうです。

鶴「大淀、週末までにカミ車への更新を。ネジの在庫には負担をかけるが仕方ない」
大淀「かしこまりました。二式水戦及び待機中の瑞雲の熟練度も上げておきます」
鶴「今週末には突破する。大淀にも期待している」
大淀「お任せください!」

大淀「…? あれ? 終わりですか?」
鶴「終わり、とは?」
大淀「また提督が何かやらかして『大淀、悪かった!』となるんじゃないんですか?」
鶴「…俺だって真面目に指揮するときくらいある。お前の中でどんなイメージ何だ…」
大淀「イベント時以外はアレですし…。申し訳ありません」
鶴「やるときはやる提督よ? まぁ分かればよろしい」

鶴(期待しているみたいだし近いうちに何かやるか…)


にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ


このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 雑記

thread: 艦隊これくしょん~艦これ~ - janre: オンラインゲーム

tag: 6-4  大淀 
tb: 0   cm: 3

プロフィール

 


ブログパーツ