1/350 金剛 製作記 その6 主砲  

顛末

もはや作者すら忘れつつあった金剛製作記。工廠から火が落ちて早一年弱。再び我がトラック海軍工廠に活気が戻ってきました。

やろうやろうと思っていても一度落ち着いてしまうと中々再始動するのは難しいですよね。事の発端は先日のこと。
嫁(予定)が家に来て、今後の暮らしについて話し合っていました。そこで出た一言。

嫁「(ディスプレイケースを見て)この模型は凄いよね。でもあの作りかけは…あのままなら処分するしかないよねぇ」
ワイ「せ、せやな…!」

翌日からせっせと金剛に向き合う自分であった。


リハビリ開始

前回までの製作記
製作記 その1  甲板構造物設置
製作記 その2  甲板設置
製作記 その3  木甲板完成
製作記 その4  甲板マスキング
製作記 その5  船体塗装

※艦これ以外の話題です

とは言え時間が無いのもまた事実。腕も鈍っているしどこまで進めたか記憶も定かではない。
ということで方向転換し、とにかく完成を目指します。エッチングについてはほぼ無視。手すりを一部付けているので整合性をとるために手すりは全て付けます。他ラッタルとかは今回はなし。
他に著しくクオリティが上がりそうな場所だけエッチングを使い、後はそのままで行くことにします。

復帰戦で最初に手を付けるのは艦橋と主砲です。溜まった埃を除去してから戦闘開始。
まずは主砲パーツから。
何故これを選んだかといえばとにかくパーツが大きくて簡単。しかも見栄えもいいからモチベーションアップ、というボーナスアイテムだからです。

1235.jpg

エッチングは使わない、というそばからいきなりエッチングパーツ登場。ま、主砲なんて塊なので壊す心配もないし加工要らずなのでチャチャッとはめて接着。
セットには副砲も真鍮砲身がついていますが、こちらは加工しないと使えないのでプラのままで行こうと思います。


1236.jpg

砲塔上の手すりは迷いましたが時間短縮のためにこちらはなし。艦橋と船体のみにつけようと思います。
なので接着したら簡単に塗装して主砲をセットで完成。復帰戦にはちょうどいい難易度ですね。


現在は艦橋の製作に入っております。一度は途中で投げてしまいましたが久々にやると面白いですね。またハマりそう。
これ終わったら簡単に作れる1/700を量産しようかしら。


それでは引き続きお付き合いください。

今回はここまで


にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ


このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 金剛

thread: 艦隊これくしょん~艦これ~ - janre: オンラインゲーム

tag: 模型  金剛 
tb: 0   cm: 2

1/350 金剛 製作記 その5 船体塗装  

前回までの製作記
製作記 その1  甲板構造物設置
製作記 その2  甲板設置
製作記 その3  木甲板完成
製作記 その4  甲板マスキング

※艦これ以外の話題です

秋イベも終わって建造も進むかとおもいきやなんだか忙しく思うように進みません。それでも船体の塗装だけは終わらせたのでここで1回更新。

839.jpg

とりあえず構造物は無事塗装され、船らしくなってきました。


840.jpg

一部手すりもつけてあります。

長い時間をかけてマスキングしただけあってほぼミスもなく塗り終えられました。エッチングで一部剥がれてしまったところもあったので筆塗りで補修し一段落。一応船体は完成となります。あとで全体的な手すりをつけることになりますが。

今後は艦橋・缶・主砲の製作へと移っていく見込み。どれから手を付けましょうかね。形になるとテンション上がってくる艦橋から作ろうかな。一番ごちゃごちゃしていますが。

秋イベまでに完成の予定が年内すら不可能、下手すると冬イベ終わっても作っていそうですね。こんなに工期が遅れたら海軍からどれほど怒られることやら。こ、ここからスピードアップする予定だし!でも年末も来年も忙しいっぽいんだよなぁ。


それでは引き続きお付き合いください。

今回はここまで


にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ


このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 金剛

thread: 艦隊これくしょん~艦これ~ - janre: オンラインゲーム

tag: 模型  金剛 
tb: 0   cm: 4

1/350 金剛 製作記 その4  甲板マスキング  

残念金剛

今日は敢えて練巡には触れていかないスタイル。左半身公開されましたが目新しい物もなかったので。髪は見えましたけど。


前回までの製作記
製作記 その1  甲板構造物設置
製作記 その2  甲板設置
製作記 その3  木甲板完成

※艦これ以外の話題です


本当はもっと進んでから公開したところでしたが、進捗が非常に遅く秋イベにかかってしまったのでキリの良い所で一度公開します。それにしても金剛のドヤ顔がさやかちゃんコラと親和性高いな。


さて塗装を行うにはマスキングは必須。筆塗りならマスキングなしでもいけなくはありませんが、うちはほぼエアブラシなのでここでミスると大変なことになります。

1/350戦艦クラスともなると甲板の大きさもかなりのもの。空母のようにフラットな甲板なら大雑把なマスキングはし易いですが、戦艦でしかも構造物を設置後となると邪魔なものだらけ。それに干渉しないようにひたすら小さいテープを切り貼り。

786.jpg

甲板全体が黄色く塗られたようになりました。


788.jpg

789.jpg

ひたすら貼ります。細かろうがなんだろうがとにかく貼ります。


787.jpg

とにかく全部マスキング。大きい面をマスクするのは楽で気持ちいいですね。

たったこの4枚の写真に仕上げるためにおよそ30時間は投じられた気がします。1日1時間程度しか出来ないし、手を付けられない日も多かったので夏イベ後、甲板塗装してから全ての時間をマスキングに取られました。

30時間以上…うわっ…私のマスキング、遅すぎ…?

正直甲板シートを使ってもいいかもですね。せめて構造物設置前ならまだやりやすかったです。

とりあえず秋イベ前はここまでの作業となります。秋イベ後の予定としては手すりを設置後、佐世保工廠色で全体を塗装。テープを剥がして次回の更新となります。
これだけ大規模なマスキングですとたぶんどこかしらはマスクミスはありそうで怖いところ。まぁこればかりは塗ってみないと。
すでに起工から4ヶ月弱。1年くらいかかりそうに思えてきました。船体が出来てしまえば後は砲と艦橋とマスト類だからもう少しペースは上げられるでしょうが時間が取れないし。頑張ろう…。


それでは引き続きお付き合いください。

今回はここまで


にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ


このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 金剛

thread: 艦隊これくしょん~艦これ~ - janre: オンラインゲーム

tag: 模型  金剛 
tb: 0   cm: 2

1/350 金剛 製作記 その3  木甲板完成  

前回までの製作記
製作記 その1  甲板構造物設置
製作記 その2  甲板設置

※艦これ以外の話題です


先日公開した練度一覧表v1.3が中々好評のようでありがたい限りです。
データ検証仲間も増えつつあるので嬉しいですねー!

さて巷じゃ艦これ改がまた延期になり、もういつ完成するのかわからなくなったとの
声が聞かれました。厳しい意見ではもう開発しているかも怪しいとも。
うちの金剛ちゃんもそう言われ無いよう建造記事をアップします。
(これでも完成納期が延期しまくっているけど)

画像が多めになるので「続きを読む」形式にさせていただきたいと思います。
模型記事にお付き合いいただける方はお手数ですがクリックして先にお進みください。

-- 続きを読む --
このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 金剛

thread: 艦隊これくしょん~艦これ~ - janre: オンラインゲーム

tag: 模型  金剛 
tb: 0   cm: 5

1/350 金剛 製作記 その2  

前回までの製作記
製作記 その1  甲板構造物設置

※艦これ以外の話題です


さてなるべく勢いに乗って製作&製作記のアップを続けたいと思います。
前回は構造物の設置と艦底色の塗装までいきました。
あれから構造物を全部積み終え、船体へ甲板の設置まで進めました。

659.jpg

甲板で蓋をしたことによって船らしくなってきました。
全体が見えないからわからない?お楽しみは少しずつですよ。
甲板上の金色の部分が金属製のエッチングパーツ。前回も紹介したところです。
中央にあるのが後部カタパルトデッキ。ここのレールをエッチングに置き換えました。
プラパーツだと単なる棒が横たわっているだけですが、金属製にしたことで
立体的で隙間のあるレールっぽくなりました。

ただ1mm幅の弱いパーツを90度に曲げろ、とか中々無理難題をおっしゃる。
少々いびつになってしまったので精密さはプラスマイナス0くらいでしょうか?
あとラッタルを置き換えました。
こちらも階段部分が滅茶苦茶脆いのにやっぱり曲げろ、との指示。
もう少し耐久力のある作り方はないのでしょうか…。

指示書によると画像下の金色のシート、一番大きいパーツをつけろと書いてあります。
甲板自体に貼り付けるものですが、そのためには甲板の突起物全てを削らなければ
なりません。上手く平坦に削るのは手間が掛かり過ぎるのでここは省略。
単純にレールの置き換えだけにしました。

660.jpg

そしてまずは木工甲板部分の塗装に入ります。
さすがに1/350の戦艦の甲板は広かった…。何回も塗料の継ぎ足しをして完了。
意図的にエッチングパーツにも塗装しました。
本来はグレーの船体色で塗装するものですが、エッチングパーツは下地処理してから
塗装しないとすぐ剥がれてしまうので
1.プライマーで下処理
2.木工甲板色(タン)で軽く塗装
3.本来の船体色で本塗装
という流れにしました。わざわざマスキングするのも面倒ですしね。

661.jpg

プライマーは一番左のガイアマルチプライマーを使っています。
クレオスのメタルプライマーでもいいとは思いますが、前回大和製作で使った時
やや食いつきが弱く感じたのでネットで見かけたこちらを最近は使っています。
矢矧作製時にも使いましたが中々よさ気です。
ただ筆塗りでは上手くいきそうもないのでエアブラシがなければオススメはしないかも。

かなり強力に食いつかせるので使ったあとは掃除も念入りに。
真ん中のツールクリーナー改を使っていつもより多めにエアブラシにうがいを
させています。手間がかかるからエッチングは嫌いなんだよ…。
一番右はよく使う塗装&掃除用のシンナー。このサイズでももう二本目です。
エアブラシになってから消費量は段違いになりましたね。

さてこれからの流れですが、まずは木工甲板がタン一色になっていますので
少し本物の木材風に塗ってからマスキング。カタパルトデッキを塗装という流れ。
次回はこのくらいになると思います。

それでは引き続きお付き合いください。

今回はここまで


にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ


このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 金剛

thread: 艦隊これくしょん~艦これ~ - janre: オンラインゲーム

tag: 模型  金剛 
tb: 0   cm: 3

プロフィール

 


ブログパーツ