時雨・雪風、就工。  

昨日告知していた時雨と雪風の撮影が終わりました。
今日はかなり画像が多めになりますのでご注意を。

211.jpg

左が雪風、右が時雨。船体色を変えていますが、さすがに近くで見ないと分からないですね。


212.jpg

まずは時雨から。白露型駆逐艦2番艦、就工は昭和11年9月7日、明日でしたか!?
レイテ沖海戦でスリガオ海峡夜戦を生き残るも昭和20年米潜水艦により撃沈される。

駆逐艦ですのでやっぱりこざっぱりしています。船体が短いので艦橋が
かなり前のほうにきているのが特徴的。


213.jpg

艦橋周辺。背も低いです。連装砲も大型艦に比べるとその差は歴然です。


214.jpg

後方から。


215.jpg

こちらは雪風。陽炎型駆逐艦8番艦。就工は昭和15年1月20日。
数々の作戦に参加し坊ノ岬沖海戦でも生還、戦後は賠償艦として中華民国へ渡る。
戦後最優秀艦として賞される。昭和20年10月5日除籍。


216.jpg

前部は時雨とそれほど見た目は変わりません。


217.jpg

後部はやや時雨よりも重厚な感じ。


218.jpg

色の指定はされていませんでしたがカッター内部をデッキタン、内火艇のカバー?をフラットホワイトで
塗っています。意外なことにリノリウム甲板すら指定がないので勝手に塗りました。
どこまでがそうなのか分からなかったのであくまでそれっぽいモールドがされている場所のみに。
あと魚雷発射管の先端部を白ベースに他の色を混ぜたものを塗ってあります。


219.jpg

時雨と雪風、というよりも白露型と陽炎型は同じ駆逐艦でも大きさは結構違いますね。
陽炎型は一回り大きい。第四艦隊事件や友鶴事件などで白露型は抑え目に造った、でしたっけ?
陽炎型は艦隊型駆逐艦として重武装に造った、だったかな。

個人的にはやっぱり陽炎型が好きです。艦娘としては時雨や夕立は大好きですが。
重武装で大型艦も食ってやる!って感じがいいですよね。


220.jpg

今まで作った1/700シリーズ。全部フジミ製。
左から雪風・金剛・愛宕・時雨。さすがに4隻では見映えのする輪形陣は出来ないので
単横陣で記念撮影。あと空母と巡洋艦でも作って輪形陣したいです。

こうしてみるとやっぱり駆逐艦は小さい。重巡と比べてもその差が・・・。
これは確かに初風が妙高さんをビビるのも無理はないですね。ぶつけられたらひとたまりもない。

今回のコンセプトは「拘らない」。リノリウムだったり魚雷発射管を塗ったりしましたが
あくまでちょっとしたこと。本来ならば対空機銃は黒鉄色で塗ったり空中線を張ったりしましたが
今回はどの程度手軽に出来るかを試してみました。ウェザリングも今までと違う手法で
簡単に仕上げました。
雪風には単装機銃をつけることになっていたのですがあまりにオーバースケール過ぎて
カッコ悪いためつけませんでした。エッチングパーツだと取り扱いがメンドイのでナノドレッドシリーズを
買ってつけたほうが良さそうですね。1/350なら拘っていたところです。
あとはエアブラシの練習。ガンプラで使うような細吹きやグラデーションとかは分かりませんが
艦船模型用の吹き方なら大体分かりました。

愛宕→金剛→大和(1/500)→時雨・雪風と作ってきました。並べてみると段々と腕が上がってきたのを
実感します。金剛とかもうちょっとうまく作れたんじゃないか、と今更ながら思います。
重巡や戦艦から作り始めるのが変なのでしょうけどね。
そういう意味ではやはり駆逐艦は手始めにはいいですね。特に時雨はあっさりしていて
作りやすかったです。逆にフジミ製雪風は初心者には向かないかも。結構細かいし。
そういう精密さが私がフジミを好む理由ですが、最初は他社製のがいいと思います。

今回新たに三脚も購入してみました。小さめのテーブルフォト専用のもの。
使ってみたら感動です。苦労した手振れもサヨナラでしたしISO感度も下げられるし。
撮影が楽しくなってくるので次は撮影ブースとなりそうなものが欲しくなります。
せめて下に敷く青系のシートでもないとダメですね。せっかくの船なのに。


さて次に狙っているのは一応大淀になります。フジミ製、がよかったのですがどうも古いキットに
エッチングパーツをつけただけみたいですので、他社製を考えています。
本当は阿賀野型がよかったのですがタミヤの古いキットしかないみたいで。新金型で作ってくれないかな。
それが終わったらいよいよ空母になります。6隻完成したらまた1/500か1/350のサイズで
フルハルモデルを作りたいですが、やはり置き場所が。
6隻作ったら今の場所でも置ききれないので大型ディスプレイケースの購入も考えているので
1/350が入るサイズにしてみましょうか。

長文お付き合いありがとうございました。


にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ


このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 駆逐艦

thread: 艦隊これくしょん~艦これ~ - janre: オンラインゲーム

tag: 模型  時雨  雪風  エアブラシ 
tb: 0   cm: 2

内外舷総塗粧?  

内部はさすがに塗れませんでしたが、雪風の再塗装が完了しました。

before
205.jpg

after
206.jpg

左が雪風、右が時雨です。
呉海軍工廠色から佐世保海軍工廠色へ塗り替えたわけですが、見比べるとさすがに
分かりますね。かなり暗い色が佐世保工廠です。

よく考えると呉所属になってある程度経てばドックに入るたびに呉海軍工廠色で塗られるわけだから
問題なかったかもしれません。ただその場合時雨も横須賀海軍工廠色ではなく佐世保海軍工廠色で
塗らないと時期的な統一感がないからやっぱりダメかな。
特にいつの時期のキットとは書かれていないので建造時のもので塗っています。
装備類を見ればもしかしたら時期も分かるかもしれませんが、そこまで詳しくはないので・・・。

大まかな塗装が終わりつつあるので後は船体に取り付けていくだけ。そのあとウェザリングして
完成となります。後一週間くらいですかね。2隻でこの建造ペース、やっぱり小型艦は楽です。

何度も塗ることでかなりエアブラシに慣れてきました。ただそれよりもマスキングが上手くなってきた?
テープを貼っている作業が何気に好きです。細かくて疲れますが完成を想像しながらやるのは
結構楽しい。スプレー缶と違ってかなりエアの圧力を低く塗装できるのでテープの下側に
塗料が行くことが少なく、失敗もほとんどないのが嬉しいですね。


にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ


このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 駆逐艦

thread: 艦隊これくしょん~艦これ~ - janre: オンラインゲーム

tag: 模型  時雨  雪風  エアブラシ 
tb: 0   cm: 0

遅れていた工事が進む  

先週はイベントでほとんど模型作りが進みませんでした。E-6まで終わってもE-7、レア艦掘りが
待っています。幸い狙っていた清霜もすぐ来ましたが、あきつ丸が来ません。
大型建造といい掘りといい、どうやら彼女には嫌われているようです。

ボーキの消費も激しいので今はお休み。週末に最後の挑戦をして出ることを期待します。
今はE-5で新入りの駆逐艦たちを教育する毎日。大破することも多いけど安いから助かってます。
入渠している間に模型作りも進むというもの。
駆逐艦だけあって工程数もだいぶ少なく、時雨はほぼ形になりました。まだカッター内部の塗装や
ウェザリングが済んでいませんが、十分に見れる段階に。
ここでいったん時雨は中断し、雪風の建造に入りました。時雨と比べるとやや工程数が多い。
陽炎型ということで多いのか雪風なので精密に作ってあるのか。
とりあえずリノリウムだけ塗り終えました。船体色と艦底色を塗ってから上部構造物の製作に
入ります。さすがに駆逐艦は小さくて可愛いですね。重巡や戦艦と並べるとその差は一目瞭然。

段々とエアブラシにも慣れてきました。もっと早く買っておけばよかったと思うくらい順調かつ
綺麗に塗ることが出来ます。今一まだ圧力やニードルの設定がつかめてませんが
塗装の楽しさが分かってきました。やっぱり慣れたらまた大型艦で存分に塗装したい。
やはり狙うは空母か・・・。めげずに作りきれればカッコいいんですけどね。


にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ


このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 雑記

thread: 艦隊これくしょん~艦これ~ - janre: オンラインゲーム

tag: 模型  時雨  雪風  エアブラシ 
tb: 0   cm: 4

呉の雪風 佐世保の時雨  



作戦開始は8月8日。・・・飲み会の日か。さっさと帰ってきたいな。
もう二週と時間がありません。資源備蓄追い込みをかけねば。

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
『おれは第四艦隊のキラ付けを行っていたと思ったらいつのまにか榛名がオリョール海に1人でいた』
な… 何を言っているのか わからねーと思うが おれも何をされたのかわからなかった…
頭がどうにかなりそうだった…
残業疲れだとかオリョクル癖だとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

6隻の水雷戦隊相手に単艦ながら旗艦を撃沈し戦術的勝利をもぎ取った榛名マジ天使。
ひどい指揮の提督でごめんよ。


話は変わりまして。また新しい模型を買いました。

145.jpg

新しく発売になった時雨・雪風幸運艦セット。中身は元からあった金型の流用でしょうかね。
公式四コマのようにユニットでデビューです。
何気に駆逐艦を作るのは初めてですがパーツの少なさと船体の小ささに驚きです。
確かにこれなら初心者が手をつけるにはいいかもですね。作ってみないと完全には判断できませんが。
しかし2隻セットは初めて。こういうのは1隻完成させてから次に行くべきか同時進行か。
船体色も分けるし別で作ったほうがいいんでしょうか。

ちなみに我が鎮守府は新レア装備の開発に成功しております!

146.jpg

ついにエアブラシセットを購入してしまいました。
左の黒いのが塗装ブース。ファンが廻って塗料を吸い込んでくれます。
右側にあるのがコンプレッサーとエアブラシですね。買ったのはリニアコンプレッサーL5という
ド定番のコンプレッサーです。圧力計とレギュレータがついたもの。
エアブラシ、正式にはハンドピースというらしいですが、こちらはトリガータイプのものを購入。
まだ試し吹きもしていませんので楽しみです。問題は作る時間が確保できるかどうか・・・。

とりあえず缶スプレーから卒業できるのだけでもありがたい。やっぱり高いですし数が増えると
場所もとりますからね。今回の駆逐艦セットで存分に練習したいと思います。


Mr.リニアコンプレッサーL5/圧力計付レギュレーターセット PS313Mr.リニアコンプレッサーL5/圧力計付レギュレーターセット PS313
()
ジーエスアイ クレオス

商品詳細を見る

にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 駆逐艦

thread: 艦隊これくしょん~艦これ~ - janre: オンラインゲーム

tag: 夏イベント  ミッドウェー  模型  エアブラシ  雪風  時雨  榛名 
tb: 0   cm: 3

何を買おう  

大和(模型)の建造からちょっと経ちました。
何だか何も作っていないとちょっともの足りません。ブームが来ているようです。

次は簡単な駆逐艦でも、と思っていたら気になる製品が。
1/700 特シリーズ SPOT No.39 日本海軍駆逐艦 時雨・雪風 幸運艦セット

一度は作ろうと思っていた雪風と艦これでもお気に入りの時雨。セットで入っていながら安い。
次に作るのはこれにしようかな。
時期的にはイベント前の暇なこの時期に作りたいところですが発売は今月下旬頃。
イベントに作りかけで突入するのもちょっとなぁ。盆休みでやるのがベストか。
それにしてもフジミ模型のばかり作っている気がします。精密でいいですけれど。

艦船模型に興味があればまず駆逐艦からはじめるのがいい「らしい」ですよ。
私は本格的にはじめに作ったのが重巡で未だに駆逐艦作ったことないのでわからないですが。
確かにパーツも少ないし簡単に組めると思います。慣れてくると戦艦はやっぱり面白いです。

駆逐艦作ったらその次は阿賀野型か大淀あたりの軽巡も面白そう。
問題はすでに母港の展示スペースがパンパンなのです。
いよいよショーケースでも買わないとまずいかもしれません。並べて見せるほどうまくないのが
困ったところですが戦隊規模になってくるとそれだけで「らしく」見えてくるので問題なし。
ゆくゆくは空母も・・・。翔鶴型か大鳳あたり、もしくは米艦もいいかも。

そう考えていると欲しくなってきたのがエアブラシ。缶スプレーでの塗装にもそろそろ限界を
感じています。やっぱりうまく塗装できないしコストパフォーマンスも悪い。
一度買ってしまえば長く使えるエアブラシはやっぱりお得です。
初期投資としてはやはり結構するし、ブームが去ったら他に使い道がないのが難点。
コンプレッサーとハンドピース、塗装ブースなどで5~6万くらいは平気でしそう。
なけなしのボーナスで買ってしまうか・・・。提督なら高給取りならいいのに。


にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ


このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 駆逐艦

thread: 艦隊これくしょん~艦これ~ - janre: オンラインゲーム

tag: 模型  時雨  雪風  エアブラシ 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

 


ブログパーツ